MYROAD ここまでの歩み

愛知・静岡を中心にオカリナによる音楽活動を続けている「オカリナの虜 えんじろう(浜松市在住)」のこれまでの経緯を時系列にまとめました。


2004年からネットにて趣味でのインナー音楽活動をしていたえんじろうですが、2008年4月に現「ピアノ弾き りょうこ」と出会い、お祭りでのイベント演奏に参加。それが初めての人前での演奏でした。同年7月にはピアノとオカリナの「アンサンブルユニット 音心(おとごころ)」が誕生し、楽器に感謝する者同士で奏でる演奏は活動の柱となっています。

2010年8月、えんじろうはプロとしてオカリナと生きる夢に専念することを決意し、演奏家・作曲家・講師としての道を歩み始めました。


2011年

  •  2月【創作】音心のCDアルバム「あなたへ」を発売(現在完売)
  •  9月【講師】個人レッスンを開始

2012年

  •  1月【報道】YouTubeで情報発信を開始
  •  5月【演奏】office GaiaToneの所属アーティストとなる
  •  5月【創作】簡易オリジナル楽譜の販売開始
  •  6月【講師】Q'sLandのオカリナ講師となる
  •  8月【報道】FM「K-MIX 神谷幸恵の独立宣言」に音心が出演
  •  9月【演奏】日本バリアフリー協会主催で湯川れい子氏が審査員長を勤める障害者の音楽コンテスト「第9回ゴールドコンサート」において歌唱・演奏賞(銀賞相当)を受賞
  • 10月【講師】とよはし中日文化センターのオカリナ講師となる(終了)
  • 11月【創作】えんじろうのCDアルバム「心のすみか」を発売
  • 12月【報道】中日新聞にえんじろうの記事「演奏家に思い強く」が掲載

2013年

  •  1月【報道】中日新聞にえんじろうの記事「福島教訓生かそう」が掲載
  •  3月【創作】えんじろうCDシングル「つぼみのこころ」を発売
  •  4月【報道】季刊誌「fratto」に音心の特集記事が掲載
  •  6月【報道】静岡新聞に音心の「お寺でコンサート」の記事掲載

2014年

  •  2月【報道】FM「K-MIX 神谷幸恵の独立宣言」にえんじろうが出演
  •  2月【創作】音心のCDアルバム「ClassicTime」を発売
  •  2月【創作】音心のCDアルバム「空の調べ」を発売
  •  3月【報道】中日新聞に音心の記事「心ほぐす2人の音」が掲載
  •  3月【演奏】静岡視覚特別支援学校の卒園式歌に「つぼみのこころ」が採用

2015年

  •  5月【演奏】千葉稔氏とのデュオ「Fifty-Fifs(フィフティー・フィフス)」を結成
  •  5月【創作】NPOプレンティアの森の公式テーマソング「Power to the forest‼」を作曲
  •  9月【演奏】学校講演を開始
  •  9月【報道】中日新聞に音心の記事「思い伝わる美しい音色」が掲載
  • 10月【報道】静岡新聞に音心の記事「周りからの感謝が喜び」が掲載

2016年

  •  2月【報道】読売新聞に音心の記事「オカリナ感謝の音色」が掲載
  •  8月【創作】音心のCDシングル「こっちむいて」を発売
  •  9月【報道】ネットマガジン「おしゃべりカフェ 9月号」にえんじろうが出演
  •  9月【報道】季刊「プレンティア」に音心が掲載
  • 11月【創作】えんじろうのCDアルバム「九十九神」を発売

2017年

  •  1月【演奏】ぴあらいふしずおか「チャリティーコンサート」に出演
  •  6月【演奏】オカリナ発表会「えんじろうオカリナの集い」の初開催(例年実施)

2018年

  •  5月【創作】天のはごろもプロジェクト広報映像に編曲と演奏で参加
  •  5月【報道】はごろも「夢」公演会 実施報告書に音心が掲載
  •  7月【報道】えんじろうのオフィシャルホームページを開設
  •  8月【報道】雑誌「Ocarina」にえんじろうが講師として掲載
  •  9月【報道】中日新聞に音心の記事「オカリナ 生きる力に」が掲載
  •  9月【報道】静岡新聞に音心の記事「オカリナ奏者 人生振返る」が掲載